スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長はレジ接客の向上から始める

接客を重視して、顧客満足度を高めるという
店長は多いが、抽象的な掛け声だけで終始
しているのではないだろうか。

実際に何から始めるかといえば、レジ接客の
向上から取り組むのがよいと思う。なぜなら
レジは買い物の最後に立ち寄る場所であり、
多くの顧客と接するし、最終的なイメージが
決まるからである。

まず1人が1時間に接客できる人数をチェック
する。例えば、コンビニなら40人が限度で
ある。適正人数の配置が前提条件となる。

次に、各顧客に対するお辞儀と挨拶の徹底。
全員が基本をしっかりできるようにレベル
合わせをすることが大切である。
スポンサーサイト

<< 店長による教育はマイナスの除去から始める | ホーム | 店長は調子のよい人材に惑わされるな >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。