スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長は季節や気候の変化に敏感になる

店長は季節や気候の変化に敏感になることが
必要である。なぜならば、消費動向は、季節
や気候によって、大きな影響を受けるからだ。

例えば、春になると桜が咲く。そうすると、
お花見に行きたくなる。業態によって売れる
商品は異なるが、確実に行楽需要が発生する。

店長は、入口付近の目立つ位置に、春の行楽
用品コーナーを作る必要がある。このように
して、季節や気候の変化を売上に結び付ける
のである。
スポンサーサイト

<< 店長は地域の催事に対応する | ホーム | 店長は生活シーンを演出する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。