スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

店長は時間帯別のニーズを把握せよ

店の前の通行客や、自店への来店客が時間帯
によって変化する店がある。このような店の
店長は、時間帯別のニーズを把握する必要が
ある。

例えば、駅前商店街の店ならば、朝は通勤客
が多く、昼から夕方にかけては主婦層が多く、
夜は再び通勤客が増えるなどである。

店長は時間帯別に大きく売場を変えることは
難しいが、店の前に出すプロモーション商品
を変えたり、POPの表現を変えたり、でき
る範囲内で対応すべきである。
スポンサーサイト

<< 店長は個人別スタッフ育成をする | ホーム | 店長は曜日ごとの特徴を分析する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。